珊瑚の情報が満載!

仲間の珊瑚:イシサンゴ

仲間の珊瑚:イシサンゴ 珊瑚は、大きく宝飾に用いられるものとそうでないものとの2つがあり、イシサンゴは後者に該当します。
生物学的には六放サンゴ亜網イシサンゴ目に属し、多くがダイビングスポットなど浅い海域に棲息しています。
専門業者では宝飾用と完全に分けて扱われており、特徴として硬い骨格を持つものの中がスカスカの泡状構造で造られている点があります。
色はほぼ白く、研磨をしても光沢はでず仮に行ってとしても崩れてしまい宝飾品にはなりません。
宝飾に用いられる種類とは遠い親戚で、むしろイソギンチャクに近く年に15~20㎝も枝が伸びるなど成長が非常に早い種類となります。
一方、買取で扱われているものは八放珊瑚とも呼ばれ、特に高知県室戸沖のものは世界最高級品として知られています。
因みに、六放と八放の違いは触手の数になります。
宝飾用に用いられるものは宝石珊瑚として扱われており、現在、地中海産1種類・日本産3種類・ハワイ産3種類などが採取されています。
ほとんどが数百メートルから千メートルの深場に棲息し、加工される骨格は産地によって白、ピンク、赤などがあります。
また、イシサンゴとは異なり、年に2㎜~6㎜程度と非常に成長が遅いという特徴を持ちます。

イシ珊瑚はイソギンチャクにそっくり

イシ珊瑚はイソギンチャクにそっくり 珊瑚にはいくつかの種類がありますが、その種類のひとつがイシ珊瑚です。
その特徴は群体または単体で硬い石灰質の骨格を作るものでいわゆるサンゴ礁を形成します。
一般には珊瑚といえばこの種を指しますが、その中にもクサビライシ、キクメイシ、ミドリイシなどの種類が存在して色が異なります。
見た目はイソギンチャクにそっくりで用途は、そのままの形を楽しむといったことが中心です。
この理由としては軽石状であるため脆く加工には向いていないためです。
そのままの形で展示される調度品として使われますが、希少であることに変わりなく買取の対象となっています。
買取では赤珊瑚と比べるとかなり低めで数千円程度が一般的な相場です。
特に浅い水域に存在する六放サンゴは脆いため調度品が中心です。
このためにお土産に売られているのはこの八放サンゴです。
一方で水深の深いところに棲息する八放サンゴは宝石に分類されるほどで、硬く加工するのに使われます。