珊瑚の情報が満載!

このサイトでは、その希少価値によって世界中で人気を集め、極めて高い価格で取引されていることで有名な珊瑚「エンゼルスキン」について、様々な視点から幅広く解説しています。
具体的には、「エンゼルスキン」がどのような珊瑚であるか、その正体を説明した上で、それがどのような状態であれば高い評価を得られるか、どのようなカットや形であればより高い価格がつけられるかなど、実際に買取に出す際に役に立つ詳しい情報も提供しています。

買取価格が高い珊瑚「エンゼルスキン」とは

買取価格が高い珊瑚「エンゼルスキン」とは その名の通り、天使の肌のように美しく柔らかいピンク色が特徴です。
「エンゼルスキン」は主に海外での呼び名で、日本では昔から「本ボケ」と呼ばれてきました。
この珊瑚、実はたいへん高価な宝石なのです。
ピンク色をしているものは数種類ありますが、その中でもエンゼルスキンは群を抜いて高い評価を得ています。
それどころか、世界的に需給が逼迫し、高額取引されていることで知られる「血赤珊瑚」に並び称されるほどの人気があります。
何しろ、現在では採取されていないため「幻の珊瑚」と言われているほどです。
もしもクローゼットの中に、柔らかいピンク色をした珊瑚のペンダントやリングがあったら、それはエンゼルスキンかもしれません。
思い切って買取に出してみたら、思わぬ高値がつく可能性もあります。

珊瑚にも色んな種類がある

珊瑚にも色んな種類がある 様々な姿となって楽しませてくれる珊瑚にも、採取される場所や色の違いなど種類がいくつか存在します。
特に人気がある赤珊瑚は日本近海の土佐湾で採取され、そのなかでも赤の色が濃いものを血赤(ちあか)と呼ばれます。
胡渡さんごは地中海で採取され、紅さんごまたはサルジ(イタリアのサルジニア諸島周辺で採れる)とも呼ばれています。
桃さんごは赤に近い柿色から白に近いピンク色まで、幅広い色調を持っています。
日本近海(四国・九州・沖縄)で採れる桃さんごにはボケ珊瑚(エンジェルスキン)と呼ばれていましたが、残念ながら現在は殆ど存在していないようです。
また、柿色と白が混ざった桃さんごは「スカッチ」と呼ばれます。
姫さんごは淡いピンク色から白までの色調があります。
南シナ海の深海で採取されるさんごで、ハワイ沖やミッドウェイ諸島沖では白とオレンジが混ざった色調を持ちます。
深海さんごのなかには「ガーネ」というむらの無いピンク色や、「ミッド」と呼ばれる白にオレンジの斑点模様のものがあります。
白さんごと呼ばれるのは日本近海で採取される白いものや、南シナ海で採取される姫さんごの白いものです。
お土産として頂くこともある珊瑚が好みに合わない場合、買取してもらうことができますので一度相談してみてはいかがでしょうか。

珊瑚の宅配買取の情報サイト

信頼と実績のある珊瑚の宅配買取サービスです。

珊瑚の宅配買取を頼む